不動産の営業マンなら副業だけでも年間数百万円稼げます

収入アップ

こんにちは、坂上です。

元不動産の営業マンで売買営業をやっていました。

不動産業界の営業マンはその気になれば、本業で1000万以上稼ぐのは難しくありませんし、同じようなこと=副業で数百万円を稼ぐことができます。

これは不動産業界の暗黙の部分もあり、あまり言いたくないのですが、下手をすると副業をしてしまう方が、稼げてしまうことがあります。

いうのも不動産業界、特に営業は個人事業主の側面があり、結果を出している営業ほどその要素が強いです。

そんな話を聞くと、不動産の営業って難しいのでは!?と思いますがそんなことはありません。

要はお金に直結するスキルと人脈を持っているからできるのですが、不動産の営業マンが副業でどのように莫大に稼いでいるかについて以下のことをお伝えします。


①不動産業界で稼げる営業とは?

②本業で扱わない不動産は副業で売る!

③不動産の営業は思っているより簡単です

④宅建業者でなくてももらえる報酬とは?

⑤副業で得た収入はどうしているのか?

①不動産業界で稼げる営業とは?


一口に不動産の営業と言っても賃貸営業(皆さんが入居物件を探す時についてくる人です)、管理受託の営業、売買営業と様々な種類があります。

このうち私が稼ぎやすいと言っているのは、売買営業です。

理由はいくつかあるのですが、基本的に営業の収入は「率(歩合)」ですので、扱う単価が高ければ必然的に報酬も高くなります。

家賃は超例外を除けば数万~十数万円ですが、不動産を売り買いするとなると、安くても数百万円、ものによっては千万・億は当たり前です。

この取り扱うものの性質を活かすことで、普通に仕事をしながら大きな金額を稼ぐことができます。


②本業で扱わない不動産を副業で売る!


不動産には色々な種類があります、土地・建物、中古・新築、区分・アパート1棟、住居・テナント、自社物件・仲介…など組合せによってパターンは色々です。

そして基本的に不動産業者は扱う商品を絞っているため、自社にとっては売買の対象にならない不動産があります。

例えば中古のアパートは扱うが、新築のマンションは扱わないなどです。

しかし、不動産業者が回る営業先(仕入れ先)は中古のアパートと新築のマンションの両方を扱っている場合があります。

そして、こういう営業先(売主)は自分の持っている不動産を買ってくれる買主を探しています。

また自社の商品である中古のアパートは買わないが、新築のマンションなら買うというお客様がいます。

これがポイントで、自社で扱う物件は自社の商品にして購入を希望するお客様に販売する(本業)のですが、自社で取り扱わない物件については自社のお客様にならない人に売ります(副業)。

分かりづらいので以下に図示します。




これを会社として仲介するのではなく個人として行うことで、莫大な収入を得る事ができます(ただし、本業でも扱う不動産を副業で売ってしまうのは企業活動と利益相反となりますので、やめておきましょう)。



③不動産の営業は思っているより簡単です


そんなに稼げる仕事なら難しそう…と思うかもしれませんが、不動産業者を回る営業であれば、その会社はある時は売主であり、ある時は買主になってくれます。

つまり通常の仕事をやっている中で、お客さんと商品が見つかります。

一定のスキルと行動量は必要になりますが、長く働いて人脈が広がれば、普通の営業マンでも大きな案件に巡りあいます。

人脈がものをいうのはどの業界でも言えることですが、個人で出来る範囲と扱う金額を考えると不動産業界は最強です。

そして大型の売買であれば頻繁に行う必要はありません(金額にもよりますが、億単位であれば年に1~2回あれば万々歳です)。

本業でクビにならない程度の成果を上げておけば、いつかは大きな案件に巡り合います。

不動産業界で営業をしている人が管理職になりたがらない背景にはこういった理由があります(インセンティブも無くなれば、副業もできない)。

他の業界でも営業をやってきた私から見ると、大した営業力もないのに、単価が大きいから稼げる=営業力があるように見える…というのが実態です。



④宅建業者でなくてももらえる報酬の受け取り方


ちょっと待って!不動産の仲介って宅建業者しかできないのでは!?と宅建を勉強している方であれば思うはずです。

現場ではこれを不動産に関するコンサル費用としてもらっています。

仲介ではない、あくまで不動産営業に関してのコンサルティングです!という費用です。

不動産の仲介手数料は3%が上限ですので、コンサル費として3%もらう人もいれば、1~2%に設定している人もいます。

では仮に3億円の物件の売り手を探し、コンサル費として3%もらった場合はどうなるのか…900万円が収入として入ります。

本業ではない副業収入です(しかもやっていることは本業と同じです)。

嘘だろ!と思うかもしれませんが、これが不動産業界の現実です。

またインセンティブがある会社であれば、これを本業でも実現します(ただし会社が絡むと、かなり持っていかれるので上記のケースであれば100~200万円です)。

不動産業界のインセンティブの金額に興味がある方は、転職サービスに登録(無料かつ30秒で終わる)して、エージェントからもらいましょう。その金額の大きさにびっくりすると思います。

⑤副業で得た収入はどうしているのか?


では副業で得た収入はどうしているのか?といえば、きちんとする人は配偶者や両親を代表にした法人に入金してもらっています。


法人税を納める&会社にバレにくいという点では、このパターンが一番ですので、もしやろうとする方がいればこの方法をおススメします(税務上、本当に違法性がないかは、税理士の先生にご確認ください)。

ちなみに最近では法人の設立も超・簡単になりましたので、気になる方はこちらからご確認ください(無料登録)。


または知人の経営する会社を一度経由して支払ってもらう…などのパターンもありますが、うまくやれば違法性などがないのかもしれません(これも税務上、違法性がないかは税理士の先生にご確認ください)。

一番稼げるのは取引先の経営者とベタベタでやることなのでしょうが、そのパターンは聞いたことがありません(やっているのであれば、他人には言えないと思います)。



まとめ


これまで紹介してきたことをまとめると以下の通りです。

①不動産業界で稼げる営業とは?

売買営業

 

②本業で扱わない不動産は副業で売る!

不動産は多様であり、買主の希望も多様なので、本業で扱わない物件の売買ができます

 

③不動産の営業は思っているより簡単です

一定の年数営業をしていれば大型の案件に巡り合います

 

④宅建業者でなくてももらえる報酬とは?

不動産の売買で副業をする人はコンサル費の名目で収入を得ています

 

⑤副業で得た収入はどうしているのか?

配偶者又は両親名義などで法人を作ってお金を入れることが一番確実です


不動産業界で営業をするなら、①他の業界で営業をして転職、②事務でもいいので不動産業界に転職し、半年~1年実務を学んで営業へ…というパターンがあります。

宅建は②のパターンでは、非常に有利なことはこれまでも取り上げてきましたが、資格獲得のモチベーションにもつなげてください。


今回もお読み頂きありがとうございました。

さしつかえなれけば応援のクリックをお願い致します。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました